2012年8月15日、安倍晋三 「さて李明博韓国大統領の陛下に関する発言は、常軌を逸した非礼極まる発言です。


発言内容蝉時雨のなか、稲田朋美衆議院議員、宇都隆史、熊谷大両参議院議員、萩生田光一、高鳥修一両前衆議院議員をはじめ、伝統と創造の会の方々と共に靖国神社に参拝致しました。 国の為に尊い命を捧げた英霊に尊崇の念を表し、御霊安かれとお祈り致しました。 さて李明博韓国大統領の陛下に関する発言は、常軌を逸した非礼極まる発言です。 一国のリーダーとしての資格を疑わざるを得ません。 自民党時代の過剰な配慮の反省も含め対韓国外交を見直さなければなりません。 この数年、世論も大きく変わりました。 かつて私や亡くなられた中川昭一さん達が、いわゆる「従軍慰安婦」の中学校教科書の記述問題に取り組んだ15年前は批判の声の方が大きく世論的に評価されることはありませんでしたが、それでも「強制連行」の記述は全ての教科書から消す事ができました。 かつての様に、後ろから弾を撃たれ言論戦に破れる状況ではありません。 北東アジア外交を見直す時を迎えています。 それが英霊に応える道でしょう。
発言者安倍晋三
所属衆議院議員
所属団体自由民主党
発言日時2012/8/15
発言場所Facebook
情報源Facebook
掲載日時2012/8/15
掲載元URLhttps://www.facebook.com/photo.php?fbid=232871660169618&set=a.131635893626529.21685.100003403570846&type=3&theater
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: