2013年2月7日、安倍晋三 「大分私の意図をねじ曲げて御発言をされているんだと思いますよ。整理をいたします


発言内容大分私の意図をねじ曲げて御発言をされているんだと思いますよ。整理をいたしますと、まずは、さきの第一次安倍内閣のときにおいて、質問主意書に対して答弁書を出しています。これは安倍内閣として閣議決定したものですね。つまりそれは、強制連行を示す証拠はなかったということです。つまり、人さらいのように、人の家に入っていってさらってきて、いわば慰安婦にしてしまったということは、それを示すものはなかったということを明らかにしたわけであります。(中略) ただ、もちろん、私が言おうとしていることは、20世紀というのは多くの女性が人権を侵害された時代でありました。日本においてもそうだったと思いますよ。21世紀はそういう時代にしないという決意を持って、我々は今政治の場にいるわけであります。女性の人権がしっかりと守られる世紀にしていきたい、これは不動の信念で前に進んでいきたいと思っています。 そのことはまず申し上げなければいけないし、そしてまた、慰安婦の方々が非常に苦しい状況に置かれていたことも事実であります。心からそういう方々に対してお見舞いを申し上げたいと思う、この気持ちにおいては歴代の内閣と変わりはない。しかし、今の事実については、そうではない、それを証明するものはなかったということをはっきりと示したわけであります。 そして、私がずっと言い続けてきたことは、これは違うという事実があるのであれば、それはある程度アカデミックな世界においてもちゃんと議論をしてもらいたいということであります。
発言者安倍晋三
所属内閣総理大臣
所属団体自由民主党
発言日時2013/2/7
発言場所衆議院予算委員会
情報源国会会議録検索システム 衆議院予算委員会第2号 平成25年2月7日
掲載日時2013/2/7
掲載元URLhttp://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/183/0018/18302070018002a.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: