2007年3月16日、安倍晋三 「お尋ねは、「強制性」の定義に関連するものであるが、慰安婦問題については、


発言内容〔「強制性を裏付けるものはなかった。その証拠はなかった」という安倍の発言に対し、そう「断定するに足る『証拠』の所在調査をいつ、どのような方法で行ったのか」という質問への回答〕 一の1から3までについて お尋ねは、「強制性」の定義に関連するものであるが、慰安婦問題については、政府において、平成三年十二月から平成五年八月まで関係資料の調査及び関係者からの聞き取りを行い、これらを全体として判断した結果、同月四日の内閣官房長官談話(以下「官房長官談話」という。)のとおりとなったものである。また、同日の調査結果の発表までに政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述も見当たらなかったところである。 調査結果の詳細については、「いわゆる従軍慰安婦問題について」(平成五年八月四日内閣官房内閣外政審議室)において既に公表しているところであるが、調査に関する予算の執行に関する資料については、その保存期間が経過していることから保存されておらず、これについてお答えすることは困難である。
発言者安倍晋三
所属内閣総理大臣
所属団体自由民主党
発言日時2007/3/16
発言場所平成19年3月16日閣議決定の中の「衆議院議員辻元清美君提出安倍首相の「慰安婦」問題への認識に関する質問に対する答弁書」
情報源衆議院HP "衆議院議員辻元清美君提出安倍首相の「慰安婦」問題への認識に関する質問に対する答弁書"
掲載日時2007/3/16
掲載元URLhttp://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b166110.htm
事後経過4月26日訪米時の日米首脳共同記者会見では、「慰安婦」の関連では以下のやり取りがあった(首相官邸のHPより)「(安倍総理)慰安婦の問題について昨日、議会においてもお話をした。自分は、辛酸をなめられた元慰安婦の方々に、人間として、また総理として心から同情するとともに、そうした極めて苦しい状況におかれたことについて申し訳ないという気持ちでいっぱいである、20世紀は人権侵害の多かった世紀であり、21世紀が人権侵害のない素晴らしい世紀になるよう、日本としても貢献したいと考えている、と述べた。またこのような話を本日、ブッシュ大統領にも話した。 (ブッシュ大統領)慰安婦の問題は、歴史における、残念な一章である。私は安倍総理の謝罪を受け入れる。自分は、河野談話と安倍総理の数々の演説は非常に率直で、誠意があったと思う。私は安倍総理と共に日米両国を率いていくことを楽しみにしている。安倍総理は安倍総理の思うところを率直に語ってくれた。その率直さを私は評価する。我々の仕事は、過去から教訓を得て、将来に生かすということである、そしてそれは正に安倍総理がしっかりとなさっていることである。」
経過情報源Peace Philosophy Centre 安倍晋三と「慰安婦」問題―発言に見る、極右政治家の実像―(成澤宗男)
経過掲載日時2015/6/11
経過掲載URLhttp://peacephilosophy.blogspot.jp/2015/07/blog-post_11.html
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: