2007年3月5日、安倍晋三 「この強制性ということについて、何をもって強制性ということを議論しているかと


発言内容この強制性ということについて、何をもって強制性ということを議論しているかということでございますが、言わば、官憲が家に押し入っていって人を人さらいのごとく連れていくという、そういう強制性はなかったということではないかと、こういうことでございます。 そもそも、この問題の発端として、これはたしか朝日新聞だったと思いますが、吉田清治という人が慰安婦狩りをしたという証言をしたわけでありますが、この証言は全く、後にでっち上げだったことが分かったわけでございます。つまり、発端はこの人がそういう証言をしたわけでございますが、今申し上げましたようなてんまつになったということについて、その後、言わば、このように慰安婦狩りのような強制性、官憲による強制連行的なものがあったということを証明する証言はないということでございます。 (中略)(アメリカ下院の)この決議案は客観的な事実に基づいていません。また、日本政府のこれまでの対応も踏まえていないということであります。 (中略)小川委員は殊更そういう日本の歩みをおとしめようとしているんではないかと、このようにも感じるわけでございます。
発言者安倍晋三
所属内閣総理大臣
所属団体自由民主党
発言日時2007/3/5
発言場所参議院予算委員会
情報源国会会議録検索システム 参議院予算委員会 第3号 平成19年3月5日
掲載日時2007/3/5
掲載元URLhttp://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/166/0014/16603050014003a.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: