2011年9月7日、安倍晋三 「いわゆるA級戦犯とされる方々は、国内法はもとより国際的にも犯罪人ではない


発言内容 私も元来、国際法の法理として、講和条約(サンフランシスコ平和条約)が結ばれた時点で、戦争裁判は効力を失うと認識しており、いわゆるA級戦犯とされる方々は、国内法はもとより国際的にも犯罪人ではないと考えている。  そもそも、罪刑法定主義上、事後法で裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)には、大きな問題がある。だからこそ、A級戦犯として有罪判決を受けた重光葵氏や賀屋興宣氏は釈放後、法相に就任し、重光氏は勲一等を授けられているのだ。(中略)  民主党幹事長に「日教組のドン」輿石東氏を起用したことは問題だ。小沢・鳩山グループを掌握するための政治的技術だろうが、日本の教育をゆがめてきた日教組のドンが、絶大な権力を握る与党幹事長に就くことによる、教育現場への悪影響を非常に懸念する。  厚労相に小宮山洋子氏をあてたことも理解できない。彼女は、家族の価値を認めないジェンダーフリー論者であり、夫婦別姓推進論者である。そんな人物が、子育て政策の責任者になるなど、おかしい。
発言者安倍晋三
所属
所属団体自由民主党
発言日時2011/09/07
発言場所新聞記事
情報源ZAKZAK:連載:安倍晋三の突破する政治 新政権は“適材不適所”内閣
掲載日時2011/09/07
掲載元URLhttp://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110907/plt1109071348004-n1.htm
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: