2012年5月9日、安倍晋三 「高校の教科書で「多数の女性を、日本軍兵士の性の相手である慰安婦と


発言内容今年の高校の教科書検定では、いくつかの教科書会社が「先祖返り」を始めている。  例えば、慰安婦問題について。  日本政府の正式見解は「政府が発見した資料には、軍や官憲による、いわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらない」というもので、私も首相時代に国会答弁した。中学校の教科書からは、いわゆる「従軍慰安婦」という記述は姿を消したが、今年、高校の教科書で「多数の女性を、日本軍兵士の性の相手である慰安婦として動員した」(実教出版)、「多数の女性が『慰安婦』としてかりだされた」(東京書籍)などと記載された。  自民党文教部会で、私が「どうしてこういう記述が残ったのか?」と問いただしたところ、文科省の担当者は「『動員した』は強制性を意味しない」とか「主語は必ずしも日本政府や軍ではない」と答えた。こんな詭弁を平気でいう文科省にはあきれてものが言えない。
発言者安倍晋三
所属
所属団体自由民主党
発言日時2012/05/09
発言場所新聞記事
情報源ZAKZAK:連載:安倍晋三の突破する政治 民主党政権下で教科書が大変なことになっている!
掲載日時2012/05/09
掲載元URLhttp://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120509/plt1205091538005-n1.htm
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: