9/2(土)終日 @在日本韓国YMCA】「あなた、ここにいてください」フェスティバル(ここフェス実行委主催) 開催のお知らせ


“ここフェス”実行委員会の主催によるチャリティーイベント、「あなた、ここにいてください」フェスティバルが開催されます。

以下、「ここフェス」公式FACEBOOKページ(https://www.facebook.com/kokofes0902/)より転載いたします。
ぜひお越しください!

——————————————————
 韓国に携わる有志で、排外主義に反対するアピールを、排外主義とかアピールという言葉を使わずにやろうと、「あなた、ここにいてください」フェスティバル、略して「ここフェス」を企画しました。9/2(土)10時開演20時閉演。在日本韓国YMCA(アクセス:http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/ JR水道橋/御茶ノ水徒歩10分)の2ステージを使って、ライブ、映画、トーク、クイズなど2プログラムが同時進行するフェス形式。収益はARIC(NPO反レイシズム情報センター)に寄付されます。

 近年、近隣諸国やそこにルーツのある人々を侮蔑する事件が頻発しています。今年5月には、京都を旅行中の韓国人観光客が、飲食店に入店しようとして罵声を浴びせられました。その様子はインターネット中継を通して世界中に配信されました。同じ月には愛知県のイオ信用金庫に放火をした男性が、動機について「慰安婦問題で韓国に悪いイメージを持っていた」と述べました。6月には石川県の知事が、北朝鮮のミサイル発射に関連して「兵糧攻めで(北朝鮮)国民を餓死させなくてはいけない」と発言しました。
 同じ月には、一橋大学の学園祭において百田尚樹氏の講演会が企画されるも、学内から反対の声が上がり、事前に中止になりました。百田尚樹氏が韓国・朝鮮・中国を貶める発言を繰り返す人物だからです。講演会に対して差別禁止ガイドラインの策定を求めたのが、一橋大学の大学院生である梁英聖氏が代表を務めるARIC(NPO反レイシズム情報センター)でした。ところが、講演会が中止になるや、百田氏やその支持者がSNSなどを通し、ARICや梁英聖氏に「反日」「日本から出て行け」などと、おびただしい数の罵詈雑言を浴びせたのです。
 他者を貶めることで自己を肯定しようとする思考の矛先は、たやすく他の少数者にも、ともすればあなた自身にも向けられます。眉をひそめているだけの自分にモヤモヤしているあなた、この声のもとに集いましょう。――あなた、ここにいてくれますか。「出て行け」なんて言われる筋合いは、ないのだから。

目玉企画はこちら!

LIVE
ここフェス・チョンゴル・オールスターズ(伊藤孝喜、明井幸次郎、千井塔子、河村博司、朴保)
森下滋(ピアニスト)
セマチ(朝鮮大学プンムルペ)
くじら雑技団(韓国ロックバンド)

CINEMA
「ムヒョン~二都物語~」(2016年、本邦初公開)
「でんげい」(2015年)
「もうひとつの約束」(2014年)

DANCE 

KPOPカバーダンス 参加チーム絶賛募集中!

TALK
梁英聖(ARIC代表)×実川元子(翻訳家・ライター)
 「差別を可視化するサッカーの試み」
佐藤結(映画ライター)×李泳采(恵泉女学園大学教員)
 「映画『ムヒョン』と文在寅大統領」
立岩陽一郎×木下大資
 「“ポスト真実”の時代とジャーナリズム」
八田靖史(フードライター)
 「地方都市 広報大使サミット」

QUIZ 
「大学生クイズ 突撃!隣の外国人」
 (在日外国人に関する知識を〇×クイズでマスター。豪華賞品付き)

FOOD
高円寺Salon de VAMP 

その他決まり次第、Facebookの公式アカウントで告知します。https://www.facebook.com/kokofes0902/

お問い合わせはE-mailで! kokofes0902@gmail.com

——————————————————