【7/19(水)レイシズムの古典読書会】フーコー『性の歴史Ⅰ 知への意志』を読む


レイシズムについてきちんと学びたい――。

そういう声に応えて、レイシズム問題についての古典を読む、月1ペースの読書会をはじめることにしました。

まずはミシェル・フーコー著『性の歴史Ⅰ 知への意志』(新潮社)を読みます。

興味・関心のある方はぜひご参加ください!

 

【初回読書会について】

日時:7月19日(水)18:00~
場所:一橋大学東キャンパス国際研究館4階共同研究室2

課題文献:ミシェル・フーコー著『性の歴史Ⅰ 知への意志』(新潮社)
(7/19の範囲は、1章・2章まで)

※参加してみたいという方は事前にこちらまでご連絡ください。

あわせて読みたい